topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本城主になってきた - 2016.11.19 Sat

 表題の通りです。

 広告消しも兼ねて。

新幹線口_くまモン

 今年四月の地震で大きな被害を受けた熊本城が、城の修復のため「一口城主」として寄付を募集しています。その内一万円以上の寄付をした人を「復興城主」として、色々特典を与えてくれるというのです。詳細は熊本城ホームページをご覧ください。

 ツイッタを見てる方にはおわかりでしょうが、私は「限定」なものに弱いんですよ。特典の中に非売品の熊本城震災前後の写真が納められたブックレットがあって、これが城まで直接行った人しかもらえない。だったら、行くしかない! と決断は早かったです。

 私は広島に住んで長いんですが、生まれたのは九州で(熊本に近い)両親は熊本で生まれ育っています。ばあちゃんは阿蘇の麓に住んでいました。そのせいか、他人事の気がしなくて、震災直後も支援目的のふるさと納税をしています。(お礼の品がない奴)今回も「熊本行くよ」と話したら、母と妹から託され三人分の支援金を持って、いざ熊本へ。

 第二のふるさととはいえ、九州は久しぶり。まず新幹線の時間を調べた時に驚きました。広島から熊本まで二時間くらいで行けるんですよ。ばあちゃんの住んでた阿蘇の麓まで、昔は新幹線の後電車を乗り継ぎ乗り継ぎで夜明け前に出発しても昼過ぎまでかかってたのに、ついでに調べてみたら今は四時間くらいでした。新幹線は偉大です。

 九州新幹線は初めて乗りました。テツとしては楽しい限りです。行きはさくらで帰りはみずほ。みずほの方が座席がゆったりしてていいですね。あと、車内アナウンスが九州は英語の他に中国語と韓国語も流れるのに驚きました。熊本市内を走っているバスもです。九州は中国や韓国から近いので、そちらからの観光客が多いからなんでしょうね。街中にもいっぱいいました。欧米人もいましたけど。少しだけど観光客が戻ってきてるんですね。

 さて、目的の熊本城。現在は震災被害の影響で大半が立ち入り禁止区域です。詳細見取り図は→こちら
 日本三名城のひとつで築城主は戦国武将として有名な加藤清正公。肖像画は→こちら
 賤ヶ岳の七本槍とか猛将イメージですが、肖像画は優しげですね。熊本の人には「せいしょこさん」の愛称で親しまれているようです。(うちのおやじも言ってた)

 難攻不落の熊本城を築いたということで、土木の神様として現在は熊本城内にある加藤神社で祀られています。

 ちなみにゲームに登場する加藤清正はすごいイケメンです(笑)→こちら
下から三段目の右端。クリックすると全身が見えます。


 脱線しました。寄付の受付は、熊本城に隣接した観光施設の一角(桜ノ馬場城彩苑「湧々座」)で行われています。私は朝の十時頃に行ったんですが、平日にもかかわらず、すでに十人以上並んでいました。その後もずっと私がいる間に行列は途絶えることなく、たくさんの方が支援しているのがうかがえます。
 でも湧々座のお姉さんが言うことには、完全修復するには三十年くらいかかるそうです。それだけお金も時間も必要なので、もっとたくさんの方に支援していただければいいなと思いました。

 こちらが復興城主手形(仮)正式な物は郵送されるそうです。

復興城主_手形

 そして非売品の限定ブックレット。隅に映っているくまモン梅酒は気にしないように。

復興城主_写真集


 中には入れないので広大な熊本城のまわりをぐるっと一周して、熊本土産を買い漁って日帰りしました。
 やっぱり一泊するべきだったと思うくらい、見損ねたところが色々あるのでまた行きたいと思います。阿蘇中岳が落ち着いた頃がいいかな。

 熊本城の今の姿とか、写真はつづきをどうぞ。







 熊本駅新幹線口にあるくまモン駅長室。記念撮影用でしょうね。私はひとりなので無人で撮ってきました。

新幹線口_くまモン駅長室

 熊本城入り口前にある加藤清正公の銅像。

清正銅像/>

 熊本城入り口。本来ならここから城内に入るわけですが、今は入れません。石垣が崩れてるし。穴も空いてるし。
 入り口の向こうに見えている緑色の鉄骨は、飯田丸五階櫓を支えるためのものです。

熊本城_入り口
熊本城_穴あき

 こちらが飯田丸五階櫓。ニュース映像で度々目にした「奇跡の一本石垣」に支えられて倒壊を免れた櫓です。一本石垣は反対側なので見えませんが。

熊本城_飯田丸五階櫓

 西側の角にある未申櫓です。この櫓は崩れていません。

熊本城_未申櫓

 二の丸公園から見た熊本城天守あたり

熊本城_二の丸から

 西出丸あたり横を通って加藤神社へ向かう途中です。あちこち塀や石垣が崩れています。

熊本城_崩れた石垣
熊本城_崩れた長塀

 加藤神社から見た大天守小天守。こうして見ると比較的きれいに見えますね。瓦とかは剥げ落ちてるらしいですが。天守は三年以内を目途に修復予定だそうです。

熊本城_大天守小天守

 天守から落ちた瓦の一部は湧々座に展示してありました。

熊本城_落ちた瓦

 加藤神社から見た宇土櫓。この石垣は熊本城の中で一番高い石垣だそうです。しかも約四百年前加藤清正公が築いた時のままで、今回の地震でもほぼ無傷。清正公は本当に土木の神様ですね。

熊本城_宇土櫓

 城の東側は壊滅的でした。もう原型をとどめてないどころか、なにかもわからない状態。これは北十八間櫓か東十八間櫓のあたり。
 この櫓たちと石垣の下に熊本のお伊勢さんと言われる熊本神宮があって、社が崩れた石垣の下敷きになったそうです。現在立ち入り禁止です。

熊本城_壊滅櫓


 桜ノ馬場城彩苑にはゆるキャラたちがいました。黒いのが熊本市のひごまる。緑のは御船町のふねまる。ひごまるはまんま熊本城ですね。ふねまるは恐竜だそうです。御船町は熊本県の真ん中あたりにあります。そして日本で初めて恐竜の化石が発掘されたところなんだそうです。

ひごまる_前
ひごまる_後ろ
ふねまる


 熊本城おもてなし武将隊。
 最近は各地のお城におもてなし武将隊がいますね。私が行った日はこの四名がおもてなししてくれました。

本日の武将隊
武将隊

 広場で演舞も披露してくれます。

武将隊_演舞1
武将隊_演舞2

 この方は園内をうろうろしているところを、ばあちゃんの集団に囲まれて鎧を触られたり話しかけられたりしてました。快諾して頂いたので写真をパチリ。加藤家家臣の森本儀太夫殿です。

武将隊_森本氏

 土木の神様として加藤清正公をお祀りする加藤神社です。

加藤神社

 他の御朱印帳は持ってるんですが、ここオリジナルのがかっこよかったので改めて買いました。熊本城稲荷の御朱印もGET。熊本稲荷は社が全壊した熊本神宮のすぐ近くにあるんですよ。熊本稲荷の方は被害が小さかったようです。

加藤神社御朱印帳
御朱印

 加藤神社では「NHK大河ドラマの主人公に加藤清正公を!」という署名運動もしてましたよ。愛されてますね。

加藤神社_清正署名運動

 加藤神社で引いた武将みくじ。結果は中吉で武将は山内一豊。でもおまけに入っていた一豊の家紋シールはいったいどうしろと。

武将みくじ
武将みくじ中身

 くまモンにも会いました。彼は目の前にいるベビーカーの赤ちゃんに夢中です。
 まぁ、だいたいこういう着ぐるみたちは若いねーちゃんや子どもたちしか相手にしてくれません。おばちゃんは影からこっそり写真を撮るしかないのです。

くまモン

 最後は熊本土産色々。酒ばかりなのは仕様です。
 高菜漬けを買おうと思ってたんですが、古漬けばかりで浅漬けがなかったんですよね。古漬けは広島のスーパーでも買えます。
 土産を持って行って母に愚痴ったら「当たり前じゃない。高菜は冬のものだから、浅漬けの仕込みはもっと先よ」と言われました。確かにその通りです。毎年自分で冷水に手を痛くしながら高菜を洗って漬けていたことをきれいに忘れていました。

熊本戦利品
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんは^^

山岡さんも写ってるのかなと期待してたんですが、さすがにそれはなかったですねw
熊本城の傷跡を見ると、いまさらながらに胸が痛みます。
一日も早い復興を願って止みません。

Re: こんばんは^^

いつもコメントありがとうございます。

いやまぁ、さすがに顔出しはちょっと(^^ゞ

熊本市内、まだ青いビニールシートをかふってるところがちらほらありましたよ。
熊本城もだけど、熊本城の石垣でつぶれた神社とか、一般のお宅とかも一日も早く復興することを願います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://novelyamaokaya.blog.fc2.com/tb.php/671-ae981f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「月下の誓約」今さらすぎる裏話 «  | BLOG TOP |  » 「過保護な妖執事と同居しています!」(原題:ワンルームの執事)発売のお知らせ

プロフィール

山岡希代美

Author:山岡希代美
HOME:隠れ家茶房




ほぼ毎日何かしらつぶやいてます。


ツイッターログ

カテゴリ

お知らせ (96)
お返事 (85)
創作 (62)
戯れ言 (75)
更新情報 (296)
趣味 (56)
未分類 (3)

カウンタ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。