topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「異世界警察シンクロイド・シーナ」完結。 - 2015.05.21 Thu

 お久しぶりです。
 表題の通りです。今回長いです。

 約1年間にわたってのんびりちまちま連載してきた「異世界警察シンクロイド・シーナ」が無事に完結しました。私の話の中では登場人物多すぎ。ちゃんとそれぞれ存在感があったかどうか、心配です。グレザックあたり怪しい。(え、誰? それ。って思った?)

 きっかけはクランベール書籍化記念アンケートです。最後に残ってたリクエスト「結衣やロイド不在で未来のクランベールの話」です。
 結衣もロイドもさっぱりいませんね。かわりにランシュはものすごく絡んでいましたけど。

 最初は結衣とロイドの娘、モエを主人公にして異世界トリップを書こうと思ってたんですよね。お兄ちゃん大好きなモエに、異世界から王子様がやってくる的な軽いラブコメ。
 でも話がまとまらず、方向転換。野望だった「異世界転生オレTUEEE」にしようと。
 結果的にあんまり「オレTUEEE」ではありませんでしたね。しかたないです。私は何の障害もなく何の努力もしないで無敵な主人公って魅力を感じないので。
 というわけで、なんの努力もせず超高性能の頭脳とボディを手に入れたシーナには、色々と障害っていうか制限を付加しております。絶対命令とか筋力リミッターとか。

 舞台はクランベールと決まっていたので、世界観はある程度固まっていました。でも結衣もロイドもいない、うーんと未来にしたので、色々発展しています。どんな風に発展したのか考えるのは楽しかったです。
 書籍版にしか登場してませんが、犯罪者の脳内記憶を取り調べる方法もちょっと進化してますよ。
 一番の発展はヒューマノイド・ロボットの社会進出です。これはランシュのその後を考えていると、たぶん彼はそういうことに働きかけていくんだろうなと容易に想像できました。
 そしてフェティとの関係も気になるところです。
 そんなことを妄想しているうちに、あれよあれよと設定ノートが10ページ越え。

 この先のネタバレを含む裏話はつづきをどうぞ。こっちも長いです。

 長いお話を最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。そして見捨てず最後まで連載を追ってくださった方、お疲れさまでした。

 シーナの第二の人生(?)はまだまだ始まったばかりです。またいつか、未来のクランベールで大きな事件があれば、彼に会えるのかもしれません。そのときは、またおつきあいいただければ幸いです。





裏話です。


その1
 転生について。
 以前ブログかツイッターでちらっと語ったと思いますが、人間が人間に転生すると色々面倒なんですよ。
 まずは前世の記憶が蘇る時期。
 転生してある程度大きくなってから前世を思い出したとすると、それまでの人格はどうなるのか。記憶が蘇っただけで人格まで交代してしまうのも、フィクションとはいえどうなのかと思いますし。記憶持ちってだけなら、知識チートでもしない限り必要ない設定ですしね。
 ちなみに知識チートは無理です。転生先は未来のクランベールと決定しているので。

 だったら生まれてすぐに前世の記憶が蘇ればいいのかもしれませんが、赤ちゃん時期から人生を書き綴るなんて、私が途中でイヤになることは間違いありません。

 そんなわけで、いきなり大人に転生してもらうために、ロボットの中の人になってもらいました。転生なのか憑依なのか悩ましいところですが、転生だと言い切ることにします。

 次に、転生するためには主人公に最初に死んでもらわなければなりません。
 どうやって死ぬか。なるべく、誰のせいでもなく死んでもらいたいので、自殺、事故死、殺人は最初から除外。となると自然災害しかありません。
 そしてひとりで死んでもらいたかったので、落雷に決定しました。
 雷の落ちそうなところって、鉄塔とかゴルフ場とか? てことで、ゴルフ場にあっさり決定。だからシーナの前世は接待ゴルフに行くようなサラリーマンなんですよ。
 接待ゴルフはプロローグに出てくるだけですが、私自身したことはないので、元営業マンで接待ゴルフ経験者にリサーチはしました。失笑を買うようなウソはないはずです。
 最初は男子高校生案もあったんですが、高校生をゴルフ場に連れて行く方法を思いつきません。それに高校生だったらたぶん班長と真っ向から対立してたような気がします。班長は益々ロボット嫌いになったかも。ラストが変わってしまいますね。


その2
キーワードについて。
シーナが日本人である必要性について、キーワードを日本語にしようと決めていました。文字通り物語のキーワードなので、なにかいい言葉ない? って不特定多数に聞くわけにもいかず。
 クランベール人は使わないけど日本人は軽く使う、人を励ましたりするときに使う言葉。この縛りがきつくてひねり出すのに苦労しました。
 去年の今頃ツイッターで意味不明なことをぼやいていたのはこれだったんですよ。
 実はプロローグでこっそり匂わせています。


その3
 グリュデとヴァランの関係について。
 シーナ視点ではグリュデってヴァランを物扱いしているイメージですが、自慢するくらいには気に入っているんですよ。そして互いに軽口たたいたりするくらいには仲良しです。それほど冷え切った主従関係ではありません。
 その辺は本編中シーナのいない三人称神の目視点のパートで語っています。結構仲良しですよね。


その4
 ネーミングルール。
 以前もクランベールの裏話で語りましたが、今回も同じルールでネーミングしております。
 はい。シーナ以外はすべてフランスボルドー地方のワインの名前です。うーん。ロティは違ったかもしれない。
 一番ふざけた感のあるトロロンですが、ちゃんとあります。トロロン・モンドーというワインです。ムートンは有名ですね。ボルドーの五大シャトーのひとつですから。
 お店で班長とか見かけたときは、シーナも思い出してください。



スポンサーサイト

● COMMENT ●

完結おめでとうございます^^

ベリカの方で拝読していますが、まだ完結マークはついていなかったような…
間もなく読了いたしますので、感想書かせていただきますね。

転生&俺TUEEEに関しては同感です^^
私もなんの根拠もなく無敵に強い設定は嫌いです。
転生に伴う前世の記憶と新人格との葛藤も、私もいろいろ考えました。
今なろうで連載している作品は、そういった一連のことに関する自分なりの解釈と解決です。
とにかく、シーナは面白いのでラストが楽しみです♪

Re: 完結おめでとうございます^^

いつもコメントありがとうございます。

ベリカフェさんの方はまだ完結していないんですよ。火曜日に完結予定です。

転生については色々考えてしまいますよね。
読んでる人はそんなことあんまり気にしてないかもしれませんけど。

シーナをおもしろいと言って頂けるのは大変嬉しいです。
なにしろ、まったくといっていいほど反応がないもので。
まぁ、需要がないことは最初からわかっていたので、これ幸いと人目を気にせず結構好き勝手に書くことができました。
最後まで楽しんで頂けたらいいなと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://novelyamaokaya.blog.fc2.com/tb.php/659-c3fef60d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シーナのサイト掲載始めました。 «  | BLOG TOP |  » 「委員長は守護聖獣」投下

プロフィール

山岡希代美

Author:山岡希代美
HOME:隠れ家茶房




ほぼ毎日何かしらつぶやいてます。


ツイッターログ

カテゴリ

お知らせ (96)
お返事 (85)
創作 (62)
戯れ言 (75)
更新情報 (296)
趣味 (56)
未分類 (3)

カウンタ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。