topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスのうんこコーヒーを飲んでみた - 2014.01.08 Wed


 
 
 表題の通りです。
 なんのこっちゃ、と思われるでしょうが、まんまです。
 
 友人からベトナム土産でもらったコーヒー。
 リスがコーヒーの実を食べて、フンに混ざって出てきた未消化の種(これが通常コーヒー豆と言われる部分)を集めたコーヒーです。
 という話だけを聞くと、うひゃ〜ってなりますが、ちょっと調べてみるとこれが希少な高級コーヒーなんですよね。
 
 コピ・ルアックといいます。
 ジャコウネコのフンから採取するのが一般的なようですが、私がもらったのはそのリスバージョン。
 でもフンに混ざって出てきた物をいくら洗ったからと言っても口に入れるのは……と思いますよね。
 私も思ったので調べてみました。
 通販のページには「フンとコーヒー豆は接触していません」と明記されているところもあるんですよ。
 どういうこと? とコーヒー豆について検索検索……。
 
 コーヒーは種の周りが薄皮に覆われていて、この薄皮ごとフンに出てくるのではないかと。
 私たちがコーヒー豆と呼んでいるのは、この薄皮の内側の部分です。
 フンから出てきた薄皮ごと豆をきれいに洗って殺菌し、薄皮をはがして豆を取り出せば「フンとは接触していない豆」になるわけです。
 
 以下のページにコーヒー豆の図解があります。
 
 http://www.oc-ogawa.co.jp/column/dict/3_life.php
 
 というわけで、安心して飲んでみました。
 同じアラビカ豆100%ということで、セブンカフェのコーヒーと比較します。
 セブンカフェのコーヒーはいい豆を使っているという事だし。
 ただ、私の淹れ方の問題もあるし、味の好みもあるので、あくまで私の主観です。
 
 セブンのコーヒーは味も香りも、ガツンとパンチの効いた力強い印象なんですが、リスコーヒーは全体的にマイルドです。
 特徴的なのは香りでした。
 普通コーヒーって新品の袋を開けたら、豆の状態でも香しい香りがふわ〜っとあたりに漂うものですが、リスコーヒーは粉なのに香りが漂いません。
 まぁ、お土産物だし少し古いのかもな、と思いつつコーヒーメーカーにセット。
 ところが、コーヒーメーカーから湯気が立ち始めても、香りが漂いません。なに、これ。
 前日に柚子のママレードを作ったので、その香りに負けているのか。
 出来上がったコーヒーをマグカップに注いで、ようやくふんわりと香りが。
 え、私の知ってるコーヒーの香りと違う。
 口に含むとチョコレートのように甘くほのかな香りが、鼻腔を抜けていきました。
 苦みもなく酸味も少なく、酒でいうと大吟醸、紅茶だとダージリン、クセがなくマイルドで飲みやすいコーヒーです。
 高級品や珍味とはことごとく気の合わない貧乏舌の私ですが、結構気に入りました。
 ただ、自分で買ってまで飲もうとは思いません。
 通販ページをググってみればわかります。目が飛び出るかと思うほど高いんですよ。さすが幻のコーヒー。
 
 ちょっとお湯の量が多かったかもしれないので、今度は濃いめに淹れてみようと思いました。
 
 

スポンサーサイト

「ワンルームの執事」第3話UP «  | BLOG TOP |  » 「ワンルームの執事」連載開始

プロフィール

山岡希代美

Author:山岡希代美
HOME:隠れ家茶房




ほぼ毎日何かしらつぶやいてます。


ツイッターログ

カテゴリ

お知らせ (96)
お返事 (85)
創作 (62)
戯れ言 (75)
更新情報 (296)
趣味 (56)
未分類 (3)

カウンタ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。