topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚について - 2013.10.26 Sat


 ふと気付けば、ブログを一ヶ月放置していたようです。
 というわけで、ちょっと戯れ言。
 戯れ言はほぼ毎日ツイッターでつぶやいているんですが、140文字で収まりそうにないのでこっちで。
 
 ベリカフェさんのベリーズ文庫大賞のテーマが「結婚」ということで、ちょっと考えてみました。
 まぁ、エントリーする気はないんですけどね。
 ジャンル違いとはいえ、スターツさんからは本を出して頂きましたし、そもそも私は普通の現代恋愛ものが書けませんし。
 
 私自身は結婚に向いてない奴です。相手さえいれば誰だってできるけど、結婚生活には向き不向きがあると思うんですよ。
 私は向いていません。なにしろ、自分以外の人間が同じ家の中にいると、それが家族であっても落ち着かないので。
 おまけに結婚後に強制的に生じる人間関係が、イヤでイヤでイヤでイヤで、もう。しかもそれってイヤだからって回避できないし。
 仕事関係でもイヤな人間関係は生じるけど、適当に流して、どうしても我慢できなくなったら逃げればいい。でも結婚による人間関係は逃げられないでしょう?
 みんないい人ばかりの人間関係なんて、まず望めないだろうし、世の中の既婚者はタフだなと感心します。

 あと、子どもが産まれたら、家庭内逆ハーやハーレムになっちゃうことありますよね。
 逆ハーはそれほどぼっち感はないんだけど、ハーレムになっちゃった時、お父さんのぼっち感は半端ないなと思いました。
 おまけにハーレム要員に姑さんなんか加わっちゃったら、連日嫁姑バトルの板挟みに遭って、お父さんに家庭内の安らぎがなくて悲壮感も半端ないです。
 ——と、毎日萌えない逆ハーでおっさんに囲まれていると、お父さん目線になってしまうようです。
 
 そんな感じで、現代恋愛ものテーマは「結婚」で考えると、どうにもリアルに妄想して、ぜんぜんラブくないものしか湧いてきません。
 改めて、私にはラブい現代恋愛ものは無理だな、と悟りました。
 多分、書いてもコレジャナイものしか書けないような気がします。
 
 

スポンサーサイト

SS投下 «  | BLOG TOP |  » 拍手メッセージお返事

プロフィール

山岡希代美

Author:山岡希代美
HOME:隠れ家茶房




ほぼ毎日何かしらつぶやいてます。


ツイッターログ

カテゴリ

お知らせ (96)
お返事 (85)
創作 (62)
戯れ言 (75)
更新情報 (296)
趣味 (56)
未分類 (3)

カウンタ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。