topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fly Me To The Moon - 2010.12.16 Thu


 数日前から、頭の中で繰り返しこの歌が流れています。
 といっても、私の頭の中に流れているのは原曲のジャズナンバーでも、エヴァのエンディングで使われたアレンジバージョンでもなく、「パタリロ!」のオリジナルLPに入っていた歌です。(LPってとこが時代を感じさせる)
 「パタリロ!」に、その昔「Fly Me To The Moon」という副題のお話がありました。このお話のイメージソングなんですよね。
 基本的にギャグマンガな「パタリロ!」ですが、このお話は案外シリアスでした。
 内容はうろ覚えですが、こんな感じ。
 
 
 パタリロの住む宮殿で庭師をしている美少年(これはお約束)ロビーくんは、手をかざすと他人のケガや病気をたちどころに治してしまう不思議な力を持っていました。
 これを知ったパタリロが、ロビーくんの力を利用して金儲けを企みます。(パタリロはこういう奴です。国王なのに)
 宇宙飛行士になって月に行くのが夢だと言うロビーくんに、協力してくれたら月に行かせてやろうと言葉巧みに誘い込み、治療屋を始めます。
 パタリロの治療屋は大当たり。国内外から噂を聞きつけた人々がやって来て、大繁盛です。
 ところが日が経つにつれて、ロビーくんが疲れてフラフラし始めました。
 実はロビーくんの力は、自分の生命エネルギーを他人に与えて、ケガや病気を治療するというものだったのです。
 これ以上治療屋を続けると、ロビーくんの命が尽きてしまうと知り、パタリロは唐突に治療を打ち切ります。
 治療を待っていた人々の行列の中で、一際激しく抗議する人物を見つけてパタリロが近付くと、それはパタリロの友人(?)で英国情報部のバンコラン少佐でした。
 彼が言うには(誰だか忘れたけど)エライ人が瀕死の状態で、この人が死んだら世界が大変な事になるという事らしい。
 (どんな風に大変な事になるのか忘れた)
 世界がどうなってもいいのかとバンコランに詰め寄られ、パタリロはロビーくんの治療を了承します。
 今にも倒れそうなロビーくんに、パタリロは何食わぬ顔で
「この治療が終わったら、月に行かせてやろう。ロケットにはおまえの名前を付けてやるから、全力で頑張れ」と告げます。
(確かこんな感じ)
 ロビーくんは張り切って、言われた通りに全力で治療に当たりました。
 そしてエライ人と世界は救われ、同時にロビーくんの命は尽きてしまいました。
 少しして、月に向かうロケットが地球を飛び立ちました。ロケットにはロビーくんの名前が書かれています。
 その日パタリロは、生まれて初めて、心の底から泣きました。
 
 
 という、「パタリロ!」にしては、しんみりしたお話です。
 なんか、歌と共に思い出してしまいました。
 なんで思い出したかというと、以下のお話を読んだからです。
 
 「月光浴
 
 「小説家になろう」で、社 九生さんが公開しているSF短編です。
 
 世紀末の荒廃した世界で、生き残った一組の男女が、月を眺めながら過ごす最後の時を描いたものです。
 ともすればグロテスクで殺伐としたホラーにでもなりそうな題材を、Fly Me To The Moonの歌詞に乗せて、叙情的に美しく切ない物語に仕上げています。(こっちの歌詞は原曲のものです)
 私はとても気に入りました。
 
 うーん。本当はご本人に感想を送る方がいいんでしょうけどね。どうも、私とは随分と毛色の違う方のようなので(多分年も一回りどころか随分下だと思うし)「何? このおばちゃん」と不審に思われてもアレなので……。
 「なろう」はリンクフリーだし、と甘えて、こんなところで紹介。
 興味のある方は、是非読んでみてください。
 
 追記:原曲を聴いてみたくてググったら、Wikiでウソを発見。
     パタリロ!のオリジナルアルバムに収録されているFly me to the moonの歌詞が原曲の和訳とかいてあったけど
     違います。
     サビの部分の♪Fly me to the moon~のところの曲はエヴァのエンディングと同じ曲ですが、
     他の部分は歌詞も曲も、全くオリジナルです。
     なにしろ前述の物語のイメージソングですから、内容が違いすぎます。
 
 
 ついでに進捗報告。
 「バイナリー・ハート」最終話、今週末に連載開始。……予定。 

スポンサーサイト

「バイナリー・ハート」第3話 連載開始 «  | BLOG TOP |  » こっそりお絵かき

プロフィール

山岡希代美

Author:山岡希代美
HOME:隠れ家茶房




ほぼ毎日何かしらつぶやいてます。


ツイッターログ

カテゴリ

お知らせ (96)
お返事 (85)
創作 (62)
戯れ言 (75)
更新情報 (296)
趣味 (56)
未分類 (3)

カウンタ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。