topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なるほど広島弁 - 2008.09.26 Fri


 最近、職場でWeb会議なるものをやっています。Webを介してパソコンの画面を共有しながら広島に居ながらにして東北の人と会議をしているようです。(声だけです。カメラをつければ顔も見えるようになるそうですが)
 多分、電話で話したり中を取って東京で会議をしたりするよりはかなり安くできるのでしょう。
 相手の声はヘッドセットを付けている人にしか聞こえないのですが、こちらで話している声はよく聞こえます。
 私は関わりがないのですが同じ部屋の中でやっているのではっきり言ってうるさいです。会議なんだから会議室でやって欲しいと思います。
 標準語を話しているつもりなのでしょうがたまに広島弁がまざっています。「それ、通じないよ」と心でつぶやきながらにやけてしまいます。
 実は広島弁には標準語と同じ言葉でまったく意味の違うものがあります。おっちゃん達はよそでも使って通じない事がよくあるようです。私は元々広島人ではないので最初聞いた時は「なんだ、そりゃ?」と思ったものです。
 最近の若者はあまり使わないかもしれませんね。
 
 その1……「たちまち」
 標準語では「すぐに」という意味ですね。広島では「とりあえず」という意味です。
 「たちまち、これやっておいて」とか言われて急いでやったら「そんなに慌てなくても」と迷惑がられたりします。

 その2……「なおす」
 標準語では「修理する」という意味です。広島では「片付ける」という意味になります。
 東京に出向に行った人の実話です。
 「このファイルなおしといて」と言ったら、「どこか壊れてんの?」と聞かれたそうです。

 その3……語尾の「~ちゃった」
 「しちゃった」とか「できちゃった」とか、標準語では「~してしまった」というような意図していない結果になった時などに使われますが広島では丁寧語なんです。
 女の人がよく使います。「~しちゃったんですね」とか上司と話す時などによく聞きますね。
 他の言葉よりも一番不愉快な気分にさせる誤解を生みやすい言葉です。
 実際に他県からやって来たお嫁さんが役所に出生届を出しに行って「できちゃったんですか」と言われてムッとしたらしいです。
 広島のお嬢さん方には正しい丁寧語を使って欲しいものです。


 こういう標準語と同じ言葉で意味が違うものってのはどこの方言にも一つや二つはあるんでしょうね。

 9月25日23時代にメッセージを下さった方>

 読んでいただいてありがとうございます。「おもしろい」と言っていただけるのは大変嬉しいです。
 ”まだ途中”とのことですが、最後まで楽しんでいただけるなら幸いです。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

恐怖の登場人物紹介 «  | BLOG TOP |  » ちょっとは当てになる次回作予定

プロフィール

山岡希代美

Author:山岡希代美
HOME:隠れ家茶房




ほぼ毎日何かしらつぶやいてます。


ツイッターログ

カテゴリ

お知らせ (96)
お返事 (85)
創作 (62)
戯れ言 (75)
更新情報 (296)
趣味 (56)
未分類 (3)

カウンタ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。