topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスのうんこコーヒーを飲んでみた - 2014.01.08 Wed


 
 
 表題の通りです。
 なんのこっちゃ、と思われるでしょうが、まんまです。
 
 友人からベトナム土産でもらったコーヒー。
 リスがコーヒーの実を食べて、フンに混ざって出てきた未消化の種(これが通常コーヒー豆と言われる部分)を集めたコーヒーです。
 という話だけを聞くと、うひゃ〜ってなりますが、ちょっと調べてみるとこれが希少な高級コーヒーなんですよね。
 
 コピ・ルアックといいます。
 ジャコウネコのフンから採取するのが一般的なようですが、私がもらったのはそのリスバージョン。
 でもフンに混ざって出てきた物をいくら洗ったからと言っても口に入れるのは……と思いますよね。
 私も思ったので調べてみました。
 通販のページには「フンとコーヒー豆は接触していません」と明記されているところもあるんですよ。
 どういうこと? とコーヒー豆について検索検索……。
 
 コーヒーは種の周りが薄皮に覆われていて、この薄皮ごとフンに出てくるのではないかと。
 私たちがコーヒー豆と呼んでいるのは、この薄皮の内側の部分です。
 フンから出てきた薄皮ごと豆をきれいに洗って殺菌し、薄皮をはがして豆を取り出せば「フンとは接触していない豆」になるわけです。
 
 以下のページにコーヒー豆の図解があります。
 
 http://www.oc-ogawa.co.jp/column/dict/3_life.php
 
 というわけで、安心して飲んでみました。
 同じアラビカ豆100%ということで、セブンカフェのコーヒーと比較します。
 セブンカフェのコーヒーはいい豆を使っているという事だし。
 ただ、私の淹れ方の問題もあるし、味の好みもあるので、あくまで私の主観です。
 
 セブンのコーヒーは味も香りも、ガツンとパンチの効いた力強い印象なんですが、リスコーヒーは全体的にマイルドです。
 特徴的なのは香りでした。
 普通コーヒーって新品の袋を開けたら、豆の状態でも香しい香りがふわ〜っとあたりに漂うものですが、リスコーヒーは粉なのに香りが漂いません。
 まぁ、お土産物だし少し古いのかもな、と思いつつコーヒーメーカーにセット。
 ところが、コーヒーメーカーから湯気が立ち始めても、香りが漂いません。なに、これ。
 前日に柚子のママレードを作ったので、その香りに負けているのか。
 出来上がったコーヒーをマグカップに注いで、ようやくふんわりと香りが。
 え、私の知ってるコーヒーの香りと違う。
 口に含むとチョコレートのように甘くほのかな香りが、鼻腔を抜けていきました。
 苦みもなく酸味も少なく、酒でいうと大吟醸、紅茶だとダージリン、クセがなくマイルドで飲みやすいコーヒーです。
 高級品や珍味とはことごとく気の合わない貧乏舌の私ですが、結構気に入りました。
 ただ、自分で買ってまで飲もうとは思いません。
 通販ページをググってみればわかります。目が飛び出るかと思うほど高いんですよ。さすが幻のコーヒー。
 
 ちょっとお湯の量が多かったかもしれないので、今度は濃いめに淹れてみようと思いました。
 
 

スポンサーサイト

年始のご挨拶と実家の猫 - 2014.01.02 Thu


 あけましておめでとうございます。
 
 例年通り、31日に実家に帰り、元旦には戻ってきました。
 今年の元日は、インコの独り言を楽しみにしていたんですが、あまりしゃべってくれませんでした。
 去年家に帰るたびに話しかけて、言葉を仕込んできたんですけどね。確認できなかったです。

 さて、本年の目標ですが、考えてみると、去年から持ち越しているものが珍しくないんですよね。
 というわけて、いつもよりはなんか漠然と。
 
 1.短編で上げた「ワンルームの執事」を、もうちょっとエピソード追加する。
 2.なんか長編を書く。
 3.思いついたら短編を書く。
 4.思いついたら現代恋愛もの(長編)を書く。
  
 という感じで、漠然とゆるゆるとやっていこうかと。

 1.は、なろうの方では告知してるんですが、あと二つ三つエピソードがあるので、もう少し書こうかな、と。そんなに長くはならないと思います。
 4.は、なんか年賀状で「現代恋愛ものに挑戦してはどうですか?」とリクエスト(?)を頂いたもので、まぁ、何か思いついたら、ということで。
 挑戦した結果が「猫」なんですけど、「コレジャナイ」ですよね。
 なんかそうなりそうで、どうにも腰が重いっていうか。
 現代恋愛ものってアイディア的には出尽くしている気がするので、ありきたりのもの書いても普通すぎて、つまんないですよね。
 キャラで見せればいいのかな。それもハードル高い。
 おまけに、何度も言ってる気がするけど、現代物ってみんなが知ってる世界だから、ウソが書けないんですよ。
 ものすごく調べ物が増えるんですよ。それで更にハードルが高くなる。
 そんな感じで、あまり乗り気ではないので、まぁ何か思いついたら、という。
 
 ラッキーセブン年に、のっけからテンション低い私ですが、今年もよろしくお願いします。
 
 
 
 おねむのチビ太(♂)
 
 実家の猫写真は続きをどうぞ。



年末のご挨拶 - 2013.12.31 Tue


 今年も今日一日で終わってしまいますね。(ていうか、あと半日にも満たない)
 
 今年の目標は以下の通りでした。
 
 1.「ビロードの口づけ」番外編を完結させる。
 2.「月下の誓約」改稿版をせめて1話分だけでも完成させる。
 3.謎の新連載開始。

 1と2は達成しましたね。でも3が何の事だったのか、思い出せません。
 新連載は何もしなかったので、ダメってことでしょうか。
 代わりと言ってはなんですが、2が1話分のみならず、全編完結まで改稿を終わらせたのでよしとしましょう。
 
 それから、今年の大事件は「クランベールに行ってきます」の書籍化ですね。
 ご購入下さった方、ありがとうございます。
 
 来年の目標は、また来年初めに立てることにしましょう。
 この28日でサイトは7年目に突入しました。
 来年はラッキーセブンな年になる事を祈りつつ、皆様もよい年をお迎え下さい。
 
 

本当にどうでもいい戯れ言 - 2013.12.22 Sun


 お久しぶりです。
 登山通勤ですっかり疲れ果てて、ツイッターにも顔を出さない日々が続いていましたが、なんとか契約期間が満了し、抜け出すことができました。
 最終日には大雪に見舞われて、行くだけで大変でしたよ。
 地上でも雪が降ってたんだから、お山の上は積雪だと素人にもわかると思うんですが、それでもノーマルタイヤにチェーンなしの車に乗る人ってなんなんでしょうね。
 案の定、カーブを曲がりきれずに中央分離帯に乗り上げて、道路に半分はみ出した尻が一車線塞いで渋滞を引き起こし、いつもは30分で着くのに1時間以上かかりました。
 ひとりで事故ってケガするのは勝手ですが、大概周りの迷惑になるので、雪道の怖い人や雪道の怖さを知らない人は雪の日に車で出かけないで欲しいです。

 それはさておき、どうも起き抜けに妙な妄想に囚われてしまうようです。
 ツイッターでつぶやき捨てるような内容なんですが、140文字で収まるとは思えず、ブログも過疎ってることだしこっちに書くことにしました。

 
 香川県がうどん県を名乗るようになりましたが、他の県も名産品とかにちなんだミドルネームをつけることになったらどうなるだろうとふと思ったのがきっかけでした。
 広島はたぶん「もみじ県」になりそうだなぁ。カキ県だと語呂が悪いし。千葉はピーナツ県とか? と考えて、青森と長野でりんご争奪戦が勃発しそうだと気付きました。
 
 青森:りんごは元々うちだから。
 長野:いやいや、元々とかそんなのどうでもいいでしょう。うちもりんごをたくさん作ってますし、おいしいと評判ですし。
 他県:どっちもりんごでいいじゃん。でも違いが分かるようにしてね。
 青森:元祖りんご県
 長野:おいしいりんご県
 
 とかなんとか。
 
 いやまあ、単に私が農家からお取り寄せするほど、りんごが好きなだけです。
 今は長野の農家一本に絞ったけど、以前は青森からも取り寄せてました。いやぁ、遠いし重いしで送料がね……。
 どちらのりんごもおいしいですよ。
 
 本当にどうでもいい戯れ言でした。
 また年末のご挨拶で、顔出します。
 その前に何か書いたら顔出すかも。
 

結婚について - 2013.10.26 Sat


 ふと気付けば、ブログを一ヶ月放置していたようです。
 というわけで、ちょっと戯れ言。
 戯れ言はほぼ毎日ツイッターでつぶやいているんですが、140文字で収まりそうにないのでこっちで。
 
 ベリカフェさんのベリーズ文庫大賞のテーマが「結婚」ということで、ちょっと考えてみました。
 まぁ、エントリーする気はないんですけどね。
 ジャンル違いとはいえ、スターツさんからは本を出して頂きましたし、そもそも私は普通の現代恋愛ものが書けませんし。
 
 私自身は結婚に向いてない奴です。相手さえいれば誰だってできるけど、結婚生活には向き不向きがあると思うんですよ。
 私は向いていません。なにしろ、自分以外の人間が同じ家の中にいると、それが家族であっても落ち着かないので。
 おまけに結婚後に強制的に生じる人間関係が、イヤでイヤでイヤでイヤで、もう。しかもそれってイヤだからって回避できないし。
 仕事関係でもイヤな人間関係は生じるけど、適当に流して、どうしても我慢できなくなったら逃げればいい。でも結婚による人間関係は逃げられないでしょう?
 みんないい人ばかりの人間関係なんて、まず望めないだろうし、世の中の既婚者はタフだなと感心します。

 あと、子どもが産まれたら、家庭内逆ハーやハーレムになっちゃうことありますよね。
 逆ハーはそれほどぼっち感はないんだけど、ハーレムになっちゃった時、お父さんのぼっち感は半端ないなと思いました。
 おまけにハーレム要員に姑さんなんか加わっちゃったら、連日嫁姑バトルの板挟みに遭って、お父さんに家庭内の安らぎがなくて悲壮感も半端ないです。
 ——と、毎日萌えない逆ハーでおっさんに囲まれていると、お父さん目線になってしまうようです。
 
 そんな感じで、現代恋愛ものテーマは「結婚」で考えると、どうにもリアルに妄想して、ぜんぜんラブくないものしか湧いてきません。
 改めて、私にはラブい現代恋愛ものは無理だな、と悟りました。
 多分、書いてもコレジャナイものしか書けないような気がします。
 
 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

山岡希代美

Author:山岡希代美
HOME:隠れ家茶房




ほぼ毎日何かしらつぶやいてます。


ツイッターログ

カテゴリ

お知らせ (96)
お返事 (85)
創作 (62)
戯れ言 (75)
更新情報 (296)
趣味 (56)
未分類 (3)

カウンタ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。