topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「立ち入り禁止の境界線」連載開始 - 2017.05.23 Tue

 お久しぶりです。表題の通りです。
 しかも5月10日に開始してたのにサイトの更新をすっかり忘れていたという。

 以前、ツイッターのアンケートで以下のタイトルどっちが読みたいかアンケートを実施しました。

「立ち入り禁止の境界線」
「王子様はパートタイム使い魔」
 
 結果、圧倒的多数で支持を得た「立ち入り禁止の境界線」を先に書くことにしたわけです。
 「王子様〜」はそのうち。

 オフィスラブですよ。
 オフィスは戦場だと思っている私にはよくわからん世界です。
 そのうち戦場のようになったらすみません。

 あと、現代物って会社名とか実在の会社とかぶったらまずいなと思って、色々ググってみるんですが、どうも私の発想が普通すぎるのか、かぶらなかったためしがないんですよ。

 というわけで、変な名前にすればかぶらないだろうということで「辺奈商事」が生まれ、今回もそのグループ企業「ヘンナメディカル」が誕生しました。
 「辺奈商事」は「猫が好き!」に登場します。


 今のところベリカフェさんオンリーです。

 サイト用にバナーをわざわざ作ったんですが、縮小したら、こだわったフォントも、タイトルバックにある「KEEP OUT」テープもわけわからなくなったので、ちょっと大きめの奴見て見て。と貼ってみる。




せっかくなので、ツイッターで宣伝する時、毎回貼ってみようかな。



スポンサーサイト

「聖獣王と千年の恋を」完結 - 2017.03.09 Thu



 一年近くかけてゆるゆる連載してきた「聖獣王と千年の恋を」が無事に完結しました。

 もっとイチャラブした話にするつもりが、なんか世界観重視のハイファンタジーっぽくなっちゃって、どうもすみません。
 次こそはイチャラブファンタジーを書くつもりです。うん。構想はある。
 

 裏話は続きをどうぞ。



「月下の誓約」今さらすぎる裏話 - 2016.12.10 Sat

 いつの間にか12月になってて、もうすぐ今年も終わりですね。まぁ、また年末に顔出すかもしれません。

 それはさておき、表題の通りなんですが、ふと思い出したので。

 改稿作業中の悶々というか。ネタバレを含みますので、気になる方はつづきをどうぞ。



熊本城主になってきた - 2016.11.19 Sat

 表題の通りです。

 広告消しも兼ねて。

新幹線口_くまモン

 今年四月の地震で大きな被害を受けた熊本城が、城の修復のため「一口城主」として寄付を募集しています。その内一万円以上の寄付をした人を「復興城主」として、色々特典を与えてくれるというのです。詳細は熊本城ホームページをご覧ください。

 ツイッタを見てる方にはおわかりでしょうが、私は「限定」なものに弱いんですよ。特典の中に非売品の熊本城震災前後の写真が納められたブックレットがあって、これが城まで直接行った人しかもらえない。だったら、行くしかない! と決断は早かったです。

 私は広島に住んで長いんですが、生まれたのは九州で(熊本に近い)両親は熊本で生まれ育っています。ばあちゃんは阿蘇の麓に住んでいました。そのせいか、他人事の気がしなくて、震災直後も支援目的のふるさと納税をしています。(お礼の品がない奴)今回も「熊本行くよ」と話したら、母と妹から託され三人分の支援金を持って、いざ熊本へ。

 第二のふるさととはいえ、九州は久しぶり。まず新幹線の時間を調べた時に驚きました。広島から熊本まで二時間くらいで行けるんですよ。ばあちゃんの住んでた阿蘇の麓まで、昔は新幹線の後電車を乗り継ぎ乗り継ぎで夜明け前に出発しても昼過ぎまでかかってたのに、ついでに調べてみたら今は四時間くらいでした。新幹線は偉大です。

 九州新幹線は初めて乗りました。テツとしては楽しい限りです。行きはさくらで帰りはみずほ。みずほの方が座席がゆったりしてていいですね。あと、車内アナウンスが九州は英語の他に中国語と韓国語も流れるのに驚きました。熊本市内を走っているバスもです。九州は中国や韓国から近いので、そちらからの観光客が多いからなんでしょうね。街中にもいっぱいいました。欧米人もいましたけど。少しだけど観光客が戻ってきてるんですね。

 さて、目的の熊本城。現在は震災被害の影響で大半が立ち入り禁止区域です。詳細見取り図は→こちら
 日本三名城のひとつで築城主は戦国武将として有名な加藤清正公。肖像画は→こちら
 賤ヶ岳の七本槍とか猛将イメージですが、肖像画は優しげですね。熊本の人には「せいしょこさん」の愛称で親しまれているようです。(うちのおやじも言ってた)

 難攻不落の熊本城を築いたということで、土木の神様として現在は熊本城内にある加藤神社で祀られています。

 ちなみにゲームに登場する加藤清正はすごいイケメンです(笑)→こちら
下から三段目の右端。クリックすると全身が見えます。


 脱線しました。寄付の受付は、熊本城に隣接した観光施設の一角(桜ノ馬場城彩苑「湧々座」)で行われています。私は朝の十時頃に行ったんですが、平日にもかかわらず、すでに十人以上並んでいました。その後もずっと私がいる間に行列は途絶えることなく、たくさんの方が支援しているのがうかがえます。
 でも湧々座のお姉さんが言うことには、完全修復するには三十年くらいかかるそうです。それだけお金も時間も必要なので、もっとたくさんの方に支援していただければいいなと思いました。

 こちらが復興城主手形(仮)正式な物は郵送されるそうです。

復興城主_手形

 そして非売品の限定ブックレット。隅に映っているくまモン梅酒は気にしないように。

復興城主_写真集


 中には入れないので広大な熊本城のまわりをぐるっと一周して、熊本土産を買い漁って日帰りしました。
 やっぱり一泊するべきだったと思うくらい、見損ねたところが色々あるのでまた行きたいと思います。阿蘇中岳が落ち着いた頃がいいかな。

 熊本城の今の姿とか、写真はつづきをどうぞ。



「過保護な妖執事と同居しています!」(原題:ワンルームの執事)発売のお知らせ - 2016.08.06 Sat

 表題の通りです。
 
 詳細が発表されましたので、改めてお知らせします。

「ワンルームの執事」改め「過保護な妖執事と同居しています!」が8月10日に
 スターツ出版マカロン文庫より電子書籍として発売されます。

 素敵な表紙イラストはあららぎ蒼史様。
 ザクロかっこいいでしょう? 頼子かわいいでしょう?
 自分が描いたわけじゃないので、手放しで絶賛。

「ワンルームの執事」はそのまま原作として残してOKということなので、削除はしません。
 当たり前ですが書籍版は改稿が入っています。「ワンルーム」と言いつつ1Kだったので、ワンルームにリノベーションしましたし。(笑)その他も色々。
 なので、原作を既読の方もお気に召しましたら、書籍版もぜひよろしくお願いします。


過保護な妖執事と同居しています! のコピー


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

山岡希代美

Author:山岡希代美
HOME:隠れ家茶房




ほぼ毎日何かしらつぶやいてます。


ツイッターログ

カテゴリ

お知らせ (96)
お返事 (85)
創作 (62)
戯れ言 (75)
更新情報 (296)
趣味 (56)
未分類 (3)

カウンタ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。